賃貸不動産経営管理士の試験の合格率

景気の良い不動産業界に、多くのかたが転職を希望しています。
他の業界よりも過去の職歴や学歴を重要視しない会社が多く、また、不動産業界が人手不足となっていますので、転職のハードルが低くなっていることなどもあり、他業種からの転職者も増加しています。
もちろん会社によってお給料などの待遇がことなりますので、待遇の良い会社ほど、転職することが難しくなっています。

自分の希望する転職先に就職するためには、不動産関連の資格を取得しておくようにしましょう。
特に宅建などは、非常に重宝されますので、転職活動を有利にすすめることができます。
しかし、宅建は非常に難易度の高い資格となっていますので、誰でも取得できるわけではありません。
なるべくコストパフォーマンスの高い資格を探しているのなら、賃貸不動産経営管理士がおすすめです。

賃貸不動産経営管理士の試験の合格率は、30パーセントから40パーセントとなっていて、不動産関連の資格の中でも、難易度は低めに設定されています。
他業種から不動産業界に転職しようと思っている方に最適です。
まだ、新しい資格ですので取得している人の数も多くありませんのでおすすめです。
詳しくは不動産ココをチェックしてみてください。