ビットコインが生まれた背景

今話題のビットコイン、日本語に直すと仮想通貨ということになります。
通貨という言葉、コインという呼び名からして、お金であることは間違いないのですが、そこに仮想という言葉がつくところが普通の通貨とは異なるところです。
仮想というと現実にはないものということになりますから、仮想通貨、つまり現実には存在しない通貨ということになるわけです。
現実に存在しなければ使いようがないじゃないかと思いますが、実のところ、もうすでに仮想通貨は実際に世の中で使われています。
それが、インターネット上の買い物で使えるショッピングサイト独自のマネーです。
あらかじめリアルなお金で購入し、ショッピングサイト内のポイントやギフト券の項目でチャージしておけば、インターネットショッピングで品物を買う時に利用できる仕組みです。
実際のお金を払うのはコンビニやスーパーなどですが、そのお金は全く違う場所で使えるわけです。
これが仮想通貨の原点になったと考えられます。
ビットコインは取引ができる場所があり、そこで手に入れれば支払うことも受け取ることもできますし、貯めておくことも可能です。
世界を股に掛けた電子マネーという言い方もできるかもしれません。