ガス会社の比較対象の幅が広がる

2017年の4月より、ガスの小売り自由化が始まります。
対象は現在都市ガスを利用している家庭で、今まで特定の事業者が独占して販売している状態だったのが、消費者も自由に事業者を選択して、契約する事が出来るようになります。
既に一般企業の工場などで使われている大口の利用者には小売自由化は行われているのですが、今回から家庭や商店、個人事業主といった小口の利用者も小売自由化の対象になります。
その為、消費者は契約する事業者を比較して契約する事になりますが、小売自由化によって選択出来る事業者の幅が大きく変わりました。
例えば、今までの都市ガス事業者は、消費者の住んでいる地域や商店や会社の所在地で販売を統括している事業者が決まっていた為、その事業者のみを選ばざるを得ない状態だったのですが、今回の自由化を受けて日本全国の小売事業者から自由に選択できるようになります。
それに加えて、各事業者によって料金に関する様々なプランや付随したサービスが新たに登場する可能性が高く、事業者によってはポイントが付いたり、他サービスとのセット割引などの付帯システムも誕生する事が期待されています。
事業者ごとの料金やサービス内容などを比較し、上手に契約先を選ぶのが賢い消費者といえます。

くわしくはここをクリック