情報を読み解いて利回りの期待出来る投資をしよう

情報を精査することが不動産投資型クラウドファンディングを使うキーポイントとなっています。
その案件において情報の開示がどれくらい細かくされているのかを知ることによって、その物件でどれくらいの利益を得ることが出来るのかを計算することが出来ます。
また、情報開示がされていない物件はそれだけ信頼性に欠けるということにも繋がります。
情報においてはクラウドアンサーのようなサイトを調べて回るようにしてください。

まず、見るべきポイントは物件の住所と築年数です。
こちらは公示地価と照らし合わせて資産価値を大まかに知ることが出来ます。
資産価値は貸し倒れのリスクを軽減させることが出来ます。
さらに、物件を管理運営している会社についての情報も必要となっています。
仮に運営元が破綻してしまうと不動産物件の売却にも時間がかかります。
また、お金が返済されないなどのトラブルに巻き込まれる恐れもあるのです。

さらに、適切な利回りを公表しているのかどうかも確認しましょう。
表面上は利回りが高いように装いながら、蓋を開けてみれば詐欺まがいの低い利回りだったということも珍しくありません。
最初に気をつけるべきポイントは、常識的な数字であるかどうかということです。
大体マンションの運営の利回りは7%ほどが最高であると言われています。
そのため、10%を超える利回りを公表していた場合は疑った方が賢明です。

更に詳しい情報はこちら