目でも楽しめる料理を目指してお皿選びにこだわる麻布かどわき

素敵なお皿に丁寧に盛り付けられている料理を食べるのと、味気ないお皿に適当に盛り付けられている料理を食べるのとでは、その料理に対して抱く印象が全然違ってくるものです。
たとえ盛り付けられている料理が同じように調理された料理で出来栄えも一緒であったとしても、きれいに盛り付けられている方は美味しく、適当に盛り付けられている方はイマイチというように、見た目だけでなく美味しさにまで差が出ているように感じるのではないでしょうか。
このようなことを、麻布十番にある日本料理屋・麻布かどわきの料理人はよく理解しています。
日本料理において盛り付けはとても大切な本質的な要素であり、季節感が表現された料理をお客様にまずは目で楽しんでもらうことが大切だと考えているのです。
ですから、麻布かどわきでは、料理を盛り付けるお皿選びにこだわっています。
豪華で格式の高さを感じられることは大切ですが、派手過ぎて料理よりもお皿が目立ってしまうようではいけません。
有名作家が作り上げた趣きのある絵柄や質感を楽しめるお皿でありながらも、あくまで主役を引き立てる脇役に徹してくれるようなお皿を厳選しているのです。
麻布かどわきで食事をする際には、料理とお皿の調和の取れた美しさにも注目してみてください。