職場のスキー旅行で先輩にお世話になりました

昨年のシーズン、会社のスキー旅行がありました。
しかし私はスキーをやったことがなかったので、参加を躊躇していました。
すると、同じ部の2つ年上の先輩が教えてあげるから、と言ってくれ参加することにしました。
その方は久田和広さんといいます。
道具一式は持っていないので、現地でレンタルしました。
ブーツのサイズやスキー、ストックの長さなども久田和広さんが見て選んでくれました。
履き方の指導も受け、いよいよ初滑りです。
少しだけ上の方に初心者のためのゲレンデがあるということで、人生初のスキーリフトに挑戦です。
リフトを降りる瞬間はドキドキでしたが、転ぶこともなく初心者ゲレンデに出ることができました。
さて私は正真正銘の初心者です。
スキー板を履いたはいいけれど、立つ向きも何も全くわかりません。
そんな私に、久田和広さんは斜面に対して平行に立つことやスキー板の先をハの字にしておけば止まれることなどとても丁寧に教えてくれました。
さらに、後ろ向きになって私のスキーの先に手を添え、ボーゲンを教えてくれたのです。
後で聞いたところによると、スキー検定でインストラクターを目指しているということで最初にプロ級のアドバイスが受けられてよかったなと思いました。